このページは
武蔵野大学  工学部  環境システム学科 教授  村松 陸雄が
主宰する研究室/ゼミ/授業などの諸活動を、
なんとなく紹介するサイトです。

新型コロナウイルス感染症対策により、本学の前期授業は、全面的にオンライン授業で実施しておりましたが、後期から、実験、実習、プロジェクト科目などを端緒として、十分なコロナ対策を講じリスクを抑えたうえで、徐々に対面授業を再開していきます。

教育機関に奉職している身として、オンライン授業を単に緊急避難的な代替手段ではなく、従前の「対面授業」を超える最高の「オンライン授業」を履修している学生といっしょに走りながら実践(アクションリサーチ)していきたいと存じます。

#「学びを止めない」

 


2020年度「環境システム学基礎ゼミナール」履修をする2年生のみなさんへ

ゼミで大切にするのは、「批判的思考(クリティカル・シンキング) 」をもって、何事も「とことん考え抜く」ことと、常識や学問の枠組みにとらわれない「Out of box」な見方を身に付けることです。持続可能な未来を創造するためには、理系、文系といった固定概念を打破し専門的な学問領域の境界を超えた知の融合の実践が必要となります。

2年4学期から始まるゼミで新しい「知的冒険を愉しむ」ことに並々ならぬ決意がある人といっしょに学ぶことを楽しみにしております。

詳しくはこちらをご覧ください。


4年生のゼミ生のみなさんへ

例年とは全く異なる就職活動を強いられているため、色々と心配事があると思います。就職活動に限らずでなく、履修計画、卒業研究など関する”よろず相談”の機会として、オンライン・オフィスアワー※をはじめました。空間的な制約を乗り越えて、気楽にご相談ください。時間など詳細は別途、連絡します。

※Zoom、Google Meet、Microsoft Teamsなどのツールを活用


 

「辛(つら)」くとも「一(ひと)」ふんばりで「幸(さち)」になる励ましくれし恩師ありたり

諏訪兼位さん(2020/03/29朝日歌壇)