環境プロジェクト」カテゴリーアーカイブ

2018年度版環境プロジェクトレポート(紹介冊子)が完成しました

編集を担当した飯島さん、葛西さんのご尽力により、ついに2018年度版環境プロジェクトレポート(紹介冊子)」が完成しました。エコプロ2018やじゅんぐり祭で配布していきます。

「2018年度版環境プロジェクトレポート(紹介冊子)」PDF版

山藤旅聞先生の特別講義

平年よりも短い梅雨も明け、本格的に暑くなり始めた7月3日

この太陽光線の降り注ぐ暑い有明キャンパスに、熱い思いを持った先生にお越しいただいた。

今回お越しいただいた山藤旅聞先生は都立武蔵高校で理科を教えている。山藤先生は、一般社団法人Think the Earth メンバー、未来教育デザインConfeito 設立者として、授業とは別に高校生と企業の方々をつなぎ、様々なプロジェクトを通じて生徒にSDGsや環境について教育を行っている。

今回は武蔵野大学工学部環境システム学科の学生主体の授業科目の環境プロジェクトにて特別講義をしていただいた。

授業でオーガニックコットンの切れ端を布ナプキンに再利用したプロジェクトだったり、ダイアログ・イン・ザ・ダーク・タオルと言う視覚障碍を持つ人と共同開発した今治タオルのプロジェクトなど数々の興味深いお話を伺った。

山藤先生のお話を聞いていると私たちも何か動かなくては、変えていかねばならないと言う気持ちになった。

最後に今週の土曜日7月21日の 9:00-12:30 の時間に共立女子中学・高校にてオーガニックコットン切れ端リノベーション・布ナプキンプロジェクトと言う最後に行ったオーガニックコットンのイベントが行われる。

様々な肩書きの方を募集しているので興味のある方はぜひ参加してみてはいかがだろうか。

葛西(アリアケペンちゃんズ・記者)

新環境プロジェクト「アリアケペンちゃん-MU環境メディア協会 」始動

2018年度に新たに発足しました、武蔵野大学環境プロジェクト:アリアケペンちゃんズ(APs)が始動しました。環境メディアを活用してサステナブルな社会の実現を目指します。

アリアケペンちゃんズが発行するWEBメディア2030PAPERShttps://penchanz.musashino-sustainability.org/

 

2017年度「環境プロジェクト」冊子がダウンロードできます

2017年度「環境プロジェクト」の活動内容を掲載した、冊子(エコプロ2017、じゅんぐり祭2017の会場で配布していたもの)がダウンロードできます。
今年度が同じ内容の活動が継続するとは限りませんが、ご参考まで。
2017年度版「環境プロジェクト」冊子(PDF版)

「環境プロジェクト」授業紹介:チームビルディングの手法

企業研修等で用いられている最新のチームビルディングの手法(マグネットフォース)を用いて、2年生と3年生から構成される約100名の学生の様々な興味関心を仕分けで、学生同士を結び付けます。ファシリテーターは、信岡良亮さん(株式会社アスノオト代表取締役)

「環境プロジェクト」授業紹介:インプロワークショップ

インプロ※(即興演劇)の手法を活用して、環境プロジェクトチーム同士のコミュニケーションを向上させることを目的としたワークショップを開催。ファシリテーターは、住吉美紅さん(インプロカンパニーPlatform)

廊下からみると何をやっている授業よくわからないでしょうねぇ。

武蔵野大学「環境プロジェクト公開発表会」開催

2018年1月30日に、武蔵野大学環境プロジェクト公開発表会を開催しました。
学外から多くのゲストにもご参加いただき、活発な意見交換の機会となりました。

Eco Report Way 21の報告

環境教育プロジェクトの報告

古民家再生プロジェクトの報告

あるとぷらすの報告

環境サバイバルの報告

■ポスターセッションの様子


武蔵野大学環境プロジェクト公開発表会プログラム

日時:2018年1月30日(火)13:00~16:00

場所:武蔵野大学有明キャンパス 4号館4階 411教室、412教室
https://www.musashino-u.ac.jp/ariake/

プログラム
13:00~14:15 環境プロジェクトの発表(411教室)
13:00~13:15 Eco Report Way 21
13:15~13:30 環境教育
13:30~13:45 古民家再生
13:45~14:00 あるとぷらす
14:00~14:15 サバイバル

14:25~15:05 ポスターセッション(412教室)

15:15~15:30 サステナブルアワード表彰式(411教室)

「エコプロ2017」出展

今年も、武蔵野大学環境システム学科の環境活動実践プロジェクトである、環境プロジェクトが主体となって、アジア最大級の環境に関する展示会である「エコプロ2017」に出展しました。


イベント名:エコプロ2017〜環境とエネルギーの未来展 [第19回]
会期:2017年12月7日(木)~9日(土) 10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト
主催:(一社)産業環境管理協会、日本経済新聞社

エコプロ2017の会場で、卒業生に遭遇。

「エコライフ・フェア2017」に出展しました

6月3日・4日、東京・渋谷の代々木公園ケヤキ並木・イベント広場にて環境省主催『エコライフ・フェア2017』が開催されました。

昨年に引き続き、大成建設株式会社、玉川大学と共に合同プロジェクトを行い、環境問題について楽しみながら学び、体験できる「子供向けの環境プログラム」や生物多様性簡易評価ツール「いきものコンシェルジュ」のデモンストレーションを実施しました。

お子様連れの方に人気だった「子供向けの環境プログラム」では、学生たちの説明を受けて目をキラキラさせた子供たちが、実験を通して環境について学びました。
今回の2日間による出展では、約450名の方がブースを訪れ、環境問題への理解を深めました。


こどもたちも不思議な実験に興味津々


こどもにもわかりやすい説明で対応する学生たち


関芳弘環境副大臣に説明をする濱口沙耶さん
(工学部環境システム学科3年)


合同プロジェクトメンバーで記念撮影

<関連リンク>
環境省主催『エコライフ・フェア2017』に出展 - 大成建設株式会社プレスリリース