投稿者「R.」のアーカイブ

早川公先生がご著作を出版されました

武蔵野大学環境研究所・客員研究員の早川公先生が、ご著作を上梓されました。
「まちづくり」×「人類学」に興味がある人はぜひ、お読みください。


まちづくりのエスノグラフィ《つくば》を織り合わせる人類学的実践
早川公(著)/2018年12月
3700円(本体)/A5判上製320頁
装丁:中島衣美
ISBN 9784861106262

まちづくりは何をつくるのか?

日本各地でおこなわれる「まちづくり」活動。「寂れた商店街」が「元気になった」とはどういうことか? 人びとの実践を支える論理と、そこに共有される新たなリアリティ。

筑波山麓地域でのフィールドワークから、人類学的まちづくり実践を提示する。

はじめに
序章 再帰的近代、人類学的実践、「まちづくり」
第1章 「まちづくり」への人類学的アプローチに向けて
第2章 再帰的近代化としての「まちづくり」
第3章 筑波山麓地域の生活世界
第4章 「あの頃の北条」をめぐる空間づくり
第5章 地域資源を活用した特産品づくり
第6章 まちづくり実践の「発明品」
終章 人類学的まちづくり実践とは
おわりに
参考文献・参考資料

著者プロフィール
早川公(はやかわ・こう)
1981年宮城県松島町生まれ。筑波大学第三学群国際総合学類卒業、同大学院人文社会科学研究科国際政治経済学専攻修了。博士(国際政治経済学)。専門社会調査士。博士課程修了後、民間企業勤務およびNPO法人代表を経て、現在、仁愛大学人間学部講師。武蔵野大学環境研究所客員研究員。未来の学びと持続可能な開発・発展研究会(みがくSD研)会員。専門は、文化人類学/応用人類学、まちづくり/地域づくり論、地域志向教育論。埼玉西武ライオンズファン歴30年。学生時代の唯一の自慢は「欽ちゃん・香取慎吾の全日本仮装大賞」で優勝したこと(第73回)。

詳細情報:
「春風社」既刊目録 http://www.shumpu.com/portfolio/698/

2018年度版環境プロジェクトレポート(紹介冊子)が完成しました

編集を担当した飯島さん、葛西さんのご尽力により、ついに2018年度版環境プロジェクトレポート(紹介冊子)」が完成しました。エコプロ2018やじゅんぐり祭で配布していきます。

「2018年度版環境プロジェクトレポート(紹介冊子)」PDF版

12月8日(土)にじゅんぐり祭を開催します

今年もじゅんぐり祭を開催します

有明キャンパスの屋上庭園で育てた蜜蜂から採取した「蜂蜜販売」、蜜蝋とハーブで作る「ハンドクリーム作り体験」や、東京湾産の「鯵フライ」、江戸東京野菜を使った「すずしろ汁」や「豆腐バーガー」等が食べられる飲食ブースを用意しております。その他にもアフリカの楽器「カリンバの演奏」、お子様と楽しめる「落ち葉プール」や、バラエティ番組でもご活躍されている横山功さんによる、風呂敷を使用した「実践型ワークショップ」等、学生による楽しい企画が満載となっています。
近隣にお住まいのみなさまも、ぜひお立ち寄りください。

じゅんぐり祭2018

日 時 : 2018 年12月8日(土)10:00~16:00 (飲食ブースは11:00~)
場 所 : 武蔵野大学 有明キャンパス3号館内フードコート及び学生ホール
(東京都江東区有明3-3-3)https://www.musashino-u.ac.jp/ariake/
<最寄駅:国際展示場駅 徒歩7分/国際展示場正門駅 徒歩5分>

主催:武蔵野大学 工学部 環境システム学科
協力:武蔵野大学環境プロジェクトhttps://mu-projects.com/

☆最新情報はツイッターとHPで発信しています
Twitter https://twitter.com/jungurisai2018
HP https://mu-projects.com/jyunguri

じゅんぐり祭とは
「巡る」、「つなぐ」、「まわす」、「還す」の4つの循環を「じゅんぐり」に回すためのお祭り。
・「巡る」…時を巡る。各地を巡る。巡ったような気分を味わえる。
・「つなぐ」…人と人をつなぐ。次の代につなぐ。
・「まわす」…経済をまわす。資源を循環させる。ここから社会をまわす。
・「還す」…終わりのない「ないものねだり」の社会から必要十分な社会に還す。

「学生と外部団体との出会いの場」、「外部団体同士の出会いの場」になることを目指します。

 

学べるステージイベント スケジュール
11:00~12:00 My Earth体験会
12:30~13:30 アーバンパーマエコツアーの講演とグラフィックレコーディング(グラレコ)
14:00~15:00 ふろしき王子 横山功氏による風呂敷を使用した実践型ワークショップ
14:00~15:00 カリンバ演奏   演奏者:Sage(セイジ)氏  場所:ロハスカフェ内
15:00~16:00 Project Wetとアリアケ海岸による企画

 

親子で楽しめる!多彩なワークショップ
  • 有明キャンパス屋上で育てた蜜蜂の、蜜蝋とハーブを利用したハンドクリーム作り
  • 地球環境カードゲーム 「My Earth」の体験会
  • 使用済みの紙を利用した紙漉き体験会
  • 落ち葉プール
  • 屋上農園ツアー
etc…

 

あつあつ!美味しい自然のごはん
  • 東京湾産の「鰺フライ」
  • 三番瀬産の「ホンビノス貝の酒蒸し」
  • 江戸東京野菜を使用した温かい「すずしろ汁」
  • キッチンカーで作る「ヘルシー豆腐バーガー」
  • 香美町ブースによる「甘酒販売」
etc…

 

全国各地の特産品を販売するマルシェ
  • 廃材を利用したペン立ての販売
  • 蜂蜜の販売
  • 香美町の特産物の販売(焼きニギス、田島牛コロッケ、甘酒)
  • 天龍村の特産品販売(お茶やジャムの試食・販売)
etc…

 

 

関連記事:

工学部環境システム学科主催「じゅんぐり祭」

「武蔵野大学鉱山プロジェクト」ホームページ開設

「武蔵野大学鉱山プロジェクト」ホームページが開設しました。

「武蔵野大学鉱山プロジェクト」ホームページ
http://urbanmine.mu-projects.com/

プロジェクトの進捗や回収状況などを適宜、情報発信していきます。

 

https://musashino-sustainability.org/%E6%AD%A6%E8%94%B5%E9%87%8E%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%89%B1%E5%B1%B1%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88%E3%81%8C%E5%A7%8B%E5%8B%95/

 

古川和先生の取材記事(SUUMOジャーナル)

「環境システム学特殊授業4」担当されている、古川和先生の関連記事がSUUMOジャーナル掲載されました。来年度の授業では、この記事で紹介されている八ヶ岳エナジェティック倶楽部と連携した新しいアクティブラーニングを鋭意に検討中です。お楽しみに。

http://suumo.jp/journal/2018/11/13/159887/

関連リンク:

SUUMOジャーナル – まだ見ぬ暮らしをみつけよう - http://suumo.jp/journal/

山口泰史先生が著作を上梓されました

武蔵野大学 工学部環境システム学科客員教授 山口泰史先生が、著作を上梓されました。

書名:若者の就職移動と居住地選択-都会志向と地元定着
出版社:古今書院

概要:
地方圏出身者を中心とした若年層の人口移動を取り上げ、その実態と要因、問題点について考察する。人口移動データの詳細な分析だけでなく、高校生の求人システム、Uターン者・非Uターン者の意識構造、親世代の意識が若者流出に及ぼす影響などを取り上げているのが特徴。

※詳細については http://www.kokon.co.jp/book/b377443.html

橋本淳司先生が参議院厚生労働委員会で参考人として発言されました

環境システム学科授業科目「環境システム学特殊授業3」を担当されている、橋本淳司先生(水ジャーナリスト アクアスフィア・水教育研究所代表)が、2018年11月29日に参議院 厚生労働委員会で、水道民営化に関して発言されました。

 

関連サイト:

アクアスフィア水教育研究所 https://www.aqua-sphere.net/

 

https://musashino-sustainability.org/post-1152/

2018年度ECO-TOPプログラムインターンシップ合同報告会が行われました

2018年11月25日(日)にECO-TOPプログラム認定大学(武蔵野大学、首都大学東京、玉川大学、千葉大学、東京農工大学、法政大学、桜美林大学)主催、東京都環境局共催の下、ECO-TOPプログラムインターンシップ合同報告会が東京都庁(東京都庁第2庁舎ホール)にて行われ、本学から14名の学生が参加しました。

インターンシップ生を受け入れてくださった、企業・NPO・行政機関など多くの方々にご参加いただき、学生がインターンシップを通してそれぞれに得た学びの成果をまとめたポスターの展示を行うとともにプレゼンテーションを行いました。

本学卒業生の齋藤瑞貴さん(兵庫県香美町地域おこし協力隊/特定非営利活動法人TUKULU)もインターンシップ受け入り先の来賓としてご参加いただき、閉会式で講評コメントを堂々と全参加者にされていました。

日本最大級の環境関連の展示会である「エコプロ2018」(2018年12月6,7,8日、東京ビックサイト)の「ECO-TOPプログラム(東京都環境局) 」(小間番号:4-005)の出展ブースにおいて、武蔵野大学環境システム学科のECO-TOPプログラム履修者6名がインターンシップの成果をポスター発表します。エコプロ2018にご参加の際には、ぜひ、お立ち寄りください。


本学卒業生の齋藤瑞貴さん(兵庫県香美町地域おこし協力隊/特定非営利活動法人TUKULU)

<関連リンク>

東京都環境局ECO-TOPプログラム
https://www.eco-top.jp/

資格課程履修ガイド
http://risyuyouran.musashino-u.ac.jp/yoran/kougakubu/sikaku/eco.html

エコプロ2018
http://eco-pro.com/2018/