研究」カテゴリーアーカイブ

早川公先生がご著作を出版されました

武蔵野大学環境研究所・客員研究員の早川公先生が、ご著作を上梓されました。
「まちづくり」×「人類学」に興味がある人はぜひ、お読みください。


まちづくりのエスノグラフィ《つくば》を織り合わせる人類学的実践
早川公(著)/2018年12月
3700円(本体)/A5判上製320頁
装丁:中島衣美
ISBN 9784861106262

まちづくりは何をつくるのか?

日本各地でおこなわれる「まちづくり」活動。「寂れた商店街」が「元気になった」とはどういうことか? 人びとの実践を支える論理と、そこに共有される新たなリアリティ。

筑波山麓地域でのフィールドワークから、人類学的まちづくり実践を提示する。

はじめに
序章 再帰的近代、人類学的実践、「まちづくり」
第1章 「まちづくり」への人類学的アプローチに向けて
第2章 再帰的近代化としての「まちづくり」
第3章 筑波山麓地域の生活世界
第4章 「あの頃の北条」をめぐる空間づくり
第5章 地域資源を活用した特産品づくり
第6章 まちづくり実践の「発明品」
終章 人類学的まちづくり実践とは
おわりに
参考文献・参考資料

著者プロフィール
早川公(はやかわ・こう)
1981年宮城県松島町生まれ。筑波大学第三学群国際総合学類卒業、同大学院人文社会科学研究科国際政治経済学専攻修了。博士(国際政治経済学)。専門社会調査士。博士課程修了後、民間企業勤務およびNPO法人代表を経て、現在、仁愛大学人間学部講師。武蔵野大学環境研究所客員研究員。未来の学びと持続可能な開発・発展研究会(みがくSD研)会員。専門は、文化人類学/応用人類学、まちづくり/地域づくり論、地域志向教育論。埼玉西武ライオンズファン歴30年。学生時代の唯一の自慢は「欽ちゃん・香取慎吾の全日本仮装大賞」で優勝したこと(第73回)。

詳細情報:
「春風社」既刊目録 http://www.shumpu.com/portfolio/698/

山口泰史先生が著作を上梓されました

武蔵野大学 工学部環境システム学科客員教授 山口泰史先生が、著作を上梓されました。

書名:若者の就職移動と居住地選択-都会志向と地元定着
出版社:古今書院

概要:
地方圏出身者を中心とした若年層の人口移動を取り上げ、その実態と要因、問題点について考察する。人口移動データの詳細な分析だけでなく、高校生の求人システム、Uターン者・非Uターン者の意識構造、親世代の意識が若者流出に及ぼす影響などを取り上げているのが特徴。

※詳細については http://www.kokon.co.jp/book/b377443.html

企画セッション「SDGsの地域社会との接合可能性を探る」(12/17)

第32回環境情報科学学術研究論文発表会において、環境システム学科の村松陸雄教授が共同代表をつとめる「未来の学びと持続可能な開発・発展研究会(みがくSD研)」が提案する企画セッション「SDGsの地域社会との接合可能性を探る-マルチステイクホルダー・パートナーシップの観点から-」が採択されました。

みなさまのご参加をお待ちいたしております。

イベント名:第32回環境情報科学学術研究論文発表会
開催日時:2018年12月17日(月)
開催場所:日大会館(東京千代田区)

詳細は⇒ http://www.ceis.or.jp/data/symposium20181217/sympoinfo_181217yokoku_2.pdf

 

ケイトリン・ストロネル先生が日韓プルトニウムシンポジウム in TOKYO 2018でモデレーターを務められました

「環境英語入門」を担当されている本学客員教授のケイトリン・ストロネル先生が、2018年11月26日(月)に開催されました「日韓プルトニウムシンポジウム in TOKYO 2018」の「日韓の核燃料サイクル政策 ―その影響と代替策―」において、モデレーターを務められました。

このシンポジウムには、環境システム学科1年生8名も傍聴者として参加し、国際シンポジウムの雰囲気を体験することで、生きた環境英語を勉強する貴重な機会を得ることができました。

 

 

関連サイト:

11/26 日韓プルトニウムシンポジウム in TOKYO 2018
http://www.cnic.jp/8182

 

未来の先生展2018(学生と共に学ぶSDGsワークショップ)

9月15日(土)、16日(日)に聖心女子大学で、未来の先生展2018が開催されました。

本学関係の参加者としては、荒木貴之校長(武蔵野大学附属千代田高等学院)、日野田直彦学校長(武蔵野女子学院中学校・高等学校)が話題提供されておりました。

環境システム学科の村松陸雄教授が共同代表をつとめる「未来の学びと持続可能な開発・発展研究会(みがくSD研)」も、武蔵野大学 環境システム学科2年生5名をはじめとした、麻布大学、神田外語大学の学生と協働で、SDGsワークショップを企画実施しました。

8月の事前ミーティングにおける学生たちからの辛辣な意見、「先生たちは教えすぎ!!!」を真摯に尊重し、「できるだけ教えずにSDGsワークショップする」という実験的な取り組みを実施しましたが、参加者からの事後リアクションも好評で、(手前味噌ながら)成功裏に終えることができました。


聖心女子大学 4号館 アクティビティスペース


当日はグラフィックレコーダーの本園大介さんも駆けつけてくれて、グラフィックレコーディングの名人芸を間近で拝見させていただく貴重な機会に恵まれるとともに、本ワークショップの動きを可視化していただきました。

未来の先生展2018
http://www.mirai-sensei.org/

未来の学びと持続可能な開発・発展研究会(みがくSD研)
https://sdgspbl.jimdo.com/

日本建築学会 環境心理小委員会人類学的アプローチWG 拡大研究会

村松陸雄環境システム学科教授のコーディネートのもと、武蔵野大学 環境研究所客員研究員の早川公先生(仁愛大学 人間学部 コミュニケーション学科 専任講師)の講演会を盛会にて終えることができました。

「活発な議論は講演会後の懇親会(飲み会)まで続き、箸の袋にメモをとりながら議論を続ける姿は驚きました」(参加者の村山さんの感想)

日本建築学会 環境心理小委員会人類学的アプローチWG 拡大研究会

演題「まちづくりのエスノグラフィ:筑波山麓地域の開発プロジェクトを対象として」

講演者:早川公先生(仁愛大学 人間学部 コミュニケーション学科 専任講師、武蔵野大学 環境研究所客員研究員/人類学者)

概要:
「まちづくり」といった建築的な興味の対象に「人類学的」なアプローチをした実践の中で、どんな面白さや難しさが体験されたのかを伺い、人類学的アプローチの展望と限界について参加者ともども議論します。

日時:2018年9月10日 (月)14:00~16:15
※研究会終了後に懇親会を予定(希望者のみ)

場所:建築会館 305会議室
東京都港区芝5丁目26番20号
https://www.aij.or.jp/jpn/guide/map.htm

定員:26名(先着順)
参加費:無料
コーディネーター:村松 陸雄(武蔵野大学 工学部 環境システム学科教授)
主催:社団法人日本建築学会 環境心理小委員会人類学的アプローチWG
共催:未来の学びと持続可能な発展・開発研究会(みがくSD研)


発表要旨:
「さっきからみんな『まちづくり』〜って言ってっけど、もう北条のまちはできてるべ?じゃあ、何をつくるのよ?」

この言葉は、筆者が初めて調査地である茨城県つくば市北条地区の会議で聞いたものである。商店街活性化やコミュニティ振興の際にしばしば用いられる「まちづくり」という用語と「『まちづくり』は何をつくるのか」という問い掛けは、フィールド調査の開始から大学教員として地域に関わる今に至るまで、発表者に付される「呪い」のようなものであった。

本発表の内容は、2012年に提出した博士論文「再帰的近代における「まちづくり」実践の民族誌―筑波山麓地域の開発プロジェクトを対象として」に基づいたものである。一般に「まちづくり」を扱う書籍や論文は、とりあげた対象や事例が「成功」しているなど「ネタの鮮度」がかなりの程度要求される。その意味で本書は、フィールドワークの時期から数えて10年近く経つ点において新鮮さからは程遠い。

一方で、「まちづくり」が少なくとも四半世紀以上の間、必要性を声高に叫ばれ続ける中で「新しい」取組みが登場しては消費され、成果に結実していないことも一面の事実であろう。今日においても、地域活性化の現場では「地方創生」や「地域再生」、「まちづくり」や「地域づくり」といった言葉が中身を確認されないまま流通していることが見受けられる。「まちづくり」が地域活性化のための実践だとすれば、「どうすれば『まちづくり』がうまくいくか」と考える思考の中に問題の根が潜んでいるのかもしれない。解決策を考える手前の、そもそも「『まちづくり』とは当事者たちにとってどのような意味を持つものであるか」と問うのは、既存の「まちづくり」という実践を考えるために意義あるものと発表者は考える。

そこで、発表では「まちづくり」を「ネタ(事例)の鮮度」と「特定課題の解決方法」という2つの要素から切り離して考えるドメイン(認識論的領域)を提示することを試みる。具体的には、「まちづくり」という現象を再帰的近代化進行のプロセスと設定した上で、その中で展開される人びとの実践を支える論理を人類学の手法であるフィールドワークに基づく視点から理解し、その様をエスノグラフィ(民族誌)として描く。

そしてそこから、発表者自身のふるまいも考察対象とし、「人類学的実践」と呼ばれる応用的ふるまいについて学術的な検討をおこなうことにしたい。

「ローカルガバナンスのための学びと2030アジェンダ・SDGs」(地域デザイン学会 第4回ローカルガバナンスフォーラム)

8月4日(土)に東京都港区赤坂で地域デザイン学会 第4回ローカルガバナンスフォーラムが開催されました。

今回は環境システム学科の村松陸雄教授が共同代表をつとめる「未来の学びと持続可能な開発・発展研究会(みがくSD研)」と共催で「ローカルガバナンスのための学びと2030アジェンダ・SDGs」をテーマにしたフォーラムです。学会員だけでなく、一般参加の多数の参加者にも恵まれて活発な意見交換をすることができました。

 

 

 

エコプロ2017同時開催セミナー「SDGsを活用して市民・企業・自治体で地域課題の解決」で講演

約80人ものご来場を頂き、受講者による事後アンケートでも全体的な評価も良く、お蔭様で成功裡に終えることができました。


イベント名:エコプロ2017同時開催セミナー「SDGsを活用して市民・企業・自治体で地域課題の解決」

開催日時:2017年12月8日(金) 10:30~12:00

会場:東京ビッグサイト 会議棟6階605会議室

講演内容:
「地べたからボトムアップのSDGs」
村松 陸雄(武蔵野大学工学部教授)

「Think locally, act SDGs. ローカルアジェンダ21はどこへ行った?」
滝口 直樹(武蔵野大学客員准教授、元環境省、環境活動支援工房代表)

「企業の「本業」から取り組むSDGs」
石井 雅章(神田外語大学言語メディア教育研究センター長/准教授、武蔵野大学環境研究所客員研究員)

コメンテーター:
村山 史世(武蔵野大学客員准教授、あざおね社中代表、麻布大学生命・環境科学部講師)
長岡 素彦(一般社団法人 地域連携プラットフォーム代表理事、関係性の教育学会理事、武蔵野大学環境研究所客員研究員)


村松 陸雄 武蔵野大学 工学部環境システム学科教授


滝口 直樹先生
武蔵野大学客員准教授、元環境省、環境活動支援工房代表


石井 雅章先生
神田外語大学言語メディア教育研究センター長/准教授、武蔵野大学環境研究所客員研究員